Es irrt der Mensch, solang er strebt.

カント道徳哲学、動物倫理学そして教育倫理学についての記事を書いています。

【読書ノート】道徳と、人間と動物のきずな

 

 ピーター・シンガーによれば、どんな生きものであろうと平等の原則がその苦しみが他の生きものと同様の苦しみと同等に考慮されなければならない。人間であれ人間以外の存在であれ苦痛という「感覚」を持つことがその生きものの利益を考慮するかどうかについての唯一の妥当な判断基準となる。

 

 しかし動物を倫理的考慮の対象にする場合、その基準を「苦痛」だけに求めることは十分ではない。また例えば野生動物を「野生動物として」、家畜動物を「家畜動物として」そして伴侶動物を「伴侶動物として」われわれは理解しなければならない。ピーター・シンガーをはじめ動物倫理学を扱う多くの研究者たちは動物を一括りに扱っている。

 

 一方『コンパニオン・アニマルー人と動物のきずなを求めて』所収、バーナード・E・ローリンの論文「道徳、人間と動物のきずな」は対象を伴侶動物に絞る。同時に彼は動物を倫理的考慮の対象にする基準を「苦痛」以外に置く。

 

 彼によれば、人間と動物の間に見逃すことができない異なる重要な関係がある。人間にとって伴侶動物は確かに道具としての価値を持つ。一方、動物には生命を持った感覚のある「道徳的存在」として本来的価値がある。これら動物は人間にとって重要であるかとは無関係である。動物自身が生命を持つ存在である。効用より遥かに重みのある「道徳という絆」によってわれわれは彼らと結ばれている。

 

 ここで彼が言いたいことはわれわれと伴侶動物との関係のあり方である。彼はカントの「目的」という概念を持ちだして伴侶動物を愛玩目的の「手段」として利用することは間違っていることを指摘する。

 

 愛玩動物の役割を超えて伴侶動物にも生命を持った感覚のある「道徳的存在」としての本来的価値を彼は認める。したがってもしも動物が道徳的配慮の対象であるならば、道徳的に正当な理由がない限り、どんなことがあってもわれわれは動物を殺してはならないし動物の本性を侵害してはならない。

 

 また人間と動物との相違点とされてきたものの中で道徳的観点から妥当性のあるものはまったくないと彼は主張する。人間にとって道徳的に妥当性があり重要であるとわれわれが考える特徴が動物にも同じように備わっている。それは次の2点である。
 ①動物は生きている

 ②食物、仲間関係、性、運動、痛みの回避など自身にとって身体上、行動上必要なも
 のや重要なものを動物は持っている。

 

 確かに①も②も人間も動物も道徳的に妥当性があり重要である特徴である。この点から考えると、苦痛という「感覚」が生きものの利益を考慮するかどうかについて唯一の妥当な判断基準であるというピーター・シンガーの主張は揺らぐ。

 

 以上の点を踏まえて彼は動物への栄養上や生物上の要求についてわれわれは理解が欠けていることを彼は指摘する。その結果、望まれない動物が増えたり野犬の群れなどができたりする。

 

 本論文にあるように、例えば「動物は痛みを感じない」や「動物は理性を持たない」など多くの説得力のない議論や動物への無理解が彼らを「手段」として扱うことに繋がった。

 

 長年共に生活を重ねると、単なる「癒やし」を与えてくれる存在を超えて伴侶動物は「かけがえのない存在」となる。生命を持つ感覚ある「道徳的存在」としての本来的価値をお互い認め合うならば、動物と人間を超えた「特別な間柄」をわれわれは構築できるようになるだろう。【終わり】